スマホ副業LIVE!

【スマホ副業】たっぷリッチ副業は安全!詐欺案件の危険度はゼロ! | 株式会社チケット(代表 及川優)の評判口コミ

特商法による罰則や伝えるべき項目を理解する

time 2021/09/06

通信販売などを展開しようとする時に、特商法をしっかりと理解しておかなければ違反してしまうことがあります。
規制されている内容に違反すると特商法では最初に改善に関して指示が出され、その後改善の見込みがなければ最悪の場合は業務停止命令となっていきます。業務停止などは行政処分となるので、これが罰則となっていきます。

昨今ネットショップを開業する事業者が増えていますが、特商法で守らなくてはいけないポイントは多数あります。
通販サイトなどで特商法に基づいた表記を掲載する必要があり、開示した内容を1ページ用意しなければなりません。大半の利用者は最初に訪れた時に安全かどうかチェックしていきます。申し込んで問題なく購入できるか、返品などにしっかりと応じてくれるかといった内容に不安に感じることもあります。

その時に特商法に基づいた内容を記載されていれば、法律を遵守しながら営業しているので安心することができます。そこから提供している商品を、心配せずに購入することができます。特商法関連はしっかりと単独でページ構成を検討しながらホームページを作っていくとともに、必要な情報を正しく入力しておくことが事業者には求められます。
これが安心感を高めていくだけでなく、トラブル回避にもつながっていくことになります。

その中で特商法に基づく表記について、必ず書くべき項目があるので注意しなければなりません。何もかも記載すればいいというわけではなく、必ず掲載しないといけない情報が存在します。
まず販売業者として事業者を記載しますが、法人運営ならば法人名で個人運営ならば個人名となります。
また運営統括責任者名として、販売している事業者などの責任者を記載しなければなりません。
法人運営ならば代表者の名前で、個人運営では個人名となります。必ず存在する事業者でなければならないので、所在地の記載も必要です。
この場合は本社の所在地や、店舗がない時には住所を掲載することになります。

お金などの部分を見ていくと商品代金以外でかかってしまう料金として送料や消費税、申込みの有効期限などを掲載しないといければなりません。品切れについても掲載方法を記載して、利用者にわかりやすい内容にすることも求められます。

また不良品の返品や交換方法、そして数量制限の記載も必須です。支払い後の引き渡し時期も掲載内容に則って対応することになるので、注意しながら営業を行わなければなりません。クーリング・オフなど対応が可能な際も記載し、より利用しやすい状況を作っていくようにしましょう。