スマホ副業LIVE!

【スマホ副業】たっぷリッチ副業は安全!詐欺案件の危険度はゼロ! | 株式会社チケット(代表 及川優)の評判口コミ

特商法違反にならないようにルールを守る必要性

time 2021/08/06

特商法違反になればどうなるのか

特商法は特定商取引法のことで販売取引に関するルールを定め、通信販売や訪問販売などの商取引をする前に確認する必要があります。
違反をすると営業停止になることだけでなく、利用者からの信用を失いせっかくの副業が台無しになり後悔をする羽目になるため注意が必要です。

特商法は消費者庁は安心して商取引ができる環境を作るためのガイドラインになり、内容をきちんと理解して責任を持って行うことが求められます。
違反をしないようにするためには「特定商取引法に基づく表記」の内容を確かめ、積極的にコミュニケーションができるよう連絡先や所在地を明記することが大事です。

副業でせどりや転売ビジネス、ネットショップの運営をすることを考えているときは特商法の内容を確認し、責任を持って取引を行う必要があります。

商取引のルールを確かめよう

商取引をするときはインターネットを使えば便利ですが、対面販売ではなく不正行為が発生しやすいなどリスクがあります。
特商法はこのようなリスクを避けるため守るべきルールをガイドラインとして定め、安心して取引ができるようにしています。

このため、通販サイトや訪問販売などを利用する前に「特定商取引法に基づく表記」があるか確かめ、トラブルが起きないよう取引を行うことが望ましいです。
電子商取引は仕入れや売却の流れをスムーズにするために役立ちますが、不正行為をしやすいなどのリスクがあります。

特商法ではこのような消費者トラブルを防ぐようにガイドラインを設定し、きちんと内容を理解すると安心して取引をしやすいです。商取引はお互いの信用のもとで成り立つため、失わないようにルールを守る必要があります。

禁止されている不正行為とは

特定商取引法に基づく表記では名前(屋号)、所在地、連絡先を明記して自己紹介を行い、商品の販売や返品・交換、代金の決済に関することを明記する必要があります。また、利用者を増やすために誇大広告を出すと信用を失うため、相手のニーズに応えるようコミュニケーションをしやすくすることが大事です。

連絡先は固定電話番号とメールアドレスを準備し、携帯電話番号など解約が容易な番号を避けないと信用されなくなります。
また、相手の意思に反して定期購入サービスなどを継続して代金を請求することも禁止され、事前に確かめて了承してもらうことが重要です。
不正行為は相手の信用を失うことだけでなく、悪い評判や口コミを流されてチャンスロスになることを理解しないといけません。